CMS、WordPressからDrupal/Joomlaへ移行する傾向

最近、その傾向が変わってきたようだ。

BuiltWith - Trends, Intelligence and Internet Research

Webサイトの構築にはCMS(Content Management Systems)と呼ばれるソフトウェアが使われることが多い。世界中で最も使われているCMSはWordPressと言われているが、 最近、その傾向が変わってきたようだ。

BuiltWithがこのほど、「WordPress vs Joomla vs Drupal - The Battle Of The CMS|BuiltWith Blog」においてCMSのシェアや推移状況などについて公開した。これはCMSを採用する際の検討資料として参考になるだろう。

BuiltWithはインターネット上のWebサイトのうち、35%がCMSを使用していると指摘。CMSのシェアはWordPressが50%と最も高く、これに9%のJoomla、2%のDrupalが続いている。しかし、対象をトップ1万サイトに絞るとWordPressのシェアは40%まで減少し、これに替わるようにDrupalが大きくシェアを増やしている。しかも、Drupalはトップサイトで採用される傾向が高いと指摘している。

WordPress、Joomla!、Drupalのいずれも採用の絶対数は増やしているものの、ほかのCMSへ移行するユーザが多いことも観測されていると説明がある。WordPressはエントリー向けのCMSとして採用される傾向があり、WordPressを使い込んだ後にJoomla!やDrupalに移る傾向が見られるという。WordPressでCMSに慣れたユーザが、より高度な機能を求めてJoomla!やDrupalに移行しているようだ。また、DrupalはJoomla!から移行しているユーザもいるとしており、現状のシェアは少ないながらもDrupalがエキスパート向けに高い人気を持っていることがわかる。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報