トランスコスモス、なりすまし防止技術を採用したリレーメール製品を発表

 

トランスコスモスは12月16日、メールマーケティングソリューション「ClickM@iler」の製品ラインアップに、ATM利用や株約定などの取引発生時に配信する通知メールを安全かつ確実に届けるリレーメール製品「ClickM@iler Relay」を追加し、オンプレミス版/プライベートクラウド版で提供することを発表した。

DKIM署名を付与した配信

IPアドレスの自動切り替え

「ClickM@iler」は、配信管理・分析に優れた高速メール配信システムとして利用されている製品。今回、提供開始する「ClickM@iler nRelay」は、なりすましを防止するDKIM(Domain Keys Identified Mail)認証対応、キャリアブロックを防止するドメイン別速度調整、送信IPアドレスの自動切り替えが行える。

また、配信状況を監視するリレーモニタリング、迅速にサポートするための個人別配信結果検索などの機能により、メールの不達や配信遅延を回避するとともに、複雑化する配信管理業務の負荷を軽減することが可能。

既存のメールシステムはそのままにトランザクションメールの配信のみを「ClickM@iler Relay」に切り替えて実行することができ、企業ポリシーや運用体制にあわせてオンプレミス版/プライベートクラウド版の選択ができる。

同社では、「ClickM@iler Relay」は、金融機関におけるサイバーセキュリティ強化や、ECの注文確認、自治体における災害緊急時の安否確認などに活用されることを想定しているとのこと。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

阪急電鉄「スヌーピー&フレンズ号」神戸線・宝塚線・京都線で装飾列車運行
[16:24 8/30] ホビー
中古品の購入に慎重になる価格帯は?
[16:24 8/30] マネー
「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー