ネットワールド、IE 8ベースの自社基幹業務システムを改修せずに移行

 

ネットワールドは12月16日、2016年1月13日にInternet Explorer(IE)の旧バージョンのサポートが終了するのを受けて、IE 8を利用する自社の基幹業務システムを、同社が開発したIE互換ブラウザ「LIBRA」と「VMware ThinApp」(ThinApp)による仮想化で、改修せずに継続利用可能にするプロジェクトに成功したと発表した。

LIBRAの表示の例

今回、LIBRAとVB 6のランタイム、ActiveX、IEコンポーネントなどをThinAppで単一のexeファイルにパッケージングし、これを利用することで、Windows 7上でも同社の基幹システム「CUVE」を利用できるようになった。CUVEはOSKのERPパッケージ「SMILE ie」をベースに構築されており、クライアントはIE 8までの対応となっている。

同社によると、CUVE本体にはく手を加えずに済んだため移行コストは全面改修を行う場合の約10分の1で済み、構築期間は2カ月程度だったという。

販売、調達、会計などの基幹業務を行う社内のユーザーは、ThinAppで作成したexeファイルをファイルサーバからダウンロードするだけで利用できるため、迅速に展開でき、システムのレスポンスなども以前と変わりはないとしている。

同社には、基幹システムの「CUVE」以外にもIE 8ベースの業務システムが社内にあるため、順次LIBRAとThinAppにより移行を進める計画。

同社は、エンドユーザのアプリケーション移行・延命のニーズに迅速に対応可能な体制を確立するため、ジャパンシステムと協業をすでに開始しており、今回の自社プロジェクトも同社との協業により実施した。両社は、今回のプロジェクトの成功実績を踏まえて、LIBRAとThinAppによるアプリケーション延命ソリューションの提案を強化していく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

シーンで選ぶクレジットカード活用術 第38回 複数のカードの利用明細をまとめて見られるアプリ
[10:36 9/29] マネー
スキレットも300円! 3COINSでそろう本格キッチンアイテム7選
[10:30 9/29] ライフスタイル
スマホのヘビーユーザー、3人に1人は34歳以下の女性 - ニールセン
[10:19 9/29] 企業IT
Diorから、美肌アプリを使用したような肌になれるカラーコンシーラー登場
[10:18 9/29] ヘルスケア
モンブランだけじゃない! コンビニの新作マロン系スイーツをガチで食べ比べ
[10:16 9/29] 趣味