新井愛瞳、高校卒業後は「アプガに集中」アイドル戦国時代を駆け抜ける!

 

アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)(以下、アプガ)の新井愛瞳が15日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで、ファースト写真集『セブンティーンズ・ブルー』(3,000円 小学館刊)の大ヒット御礼イベントを行った。

ファースト写真集『セブンティーンズ・ブルー』の大ヒット御礼イベントを行った新井愛瞳

群馬県出身の新井のピュアな魅力が満載の同写真集は、11月16日に行われた発売イベントで完売。この日は、その御礼とさらなるヒットを目指して、インタビュアーの吉田豪をMCにトークショーを行った。

メンバー初のソロ写真集モデルに抜てきされた新井は、「なぜ? って、わたしが一番感じてる」と首をかしげるも、「年齢的にも一番いい年だからじゃないかなぁ」と自己分析。見どころはスクール水着でのショットだといい、「活発というか、やんちゃというか、クソガキ」な一面が垣間見られることもアピールした。また、「売れ残っちゃうと自分で買うくらいの気持ちでいたので、本当に完売してよかったです」と安堵の表情を見せると、「セカンドもぜひ機会があれば。今度はハワイとかシンガポールに行きたい」とリクエストした。

続けて、2015年を振り返り、今年の漢字一文字に「武」を選んだ新井は、「47都道府県ツアーが始まって、5月にはホノルル駅伝に参加したり、野音(のステージ)にも立てたので、いろんなことに挑戦して闘うことができました」としみじみ。さらに、「武道館を目指すことを発表して、絶対に武道館に行くと決心したのでこの漢字にしました」と声を張った。

ソロ活動が増えたことについては、「最初はうるさいメンバーがいなくて寂しいなと思ったんですけど、視野が広がってたくさんの経験をさせていただいてうれしいです」とにっこり。また、3月に高校を卒業する予定で、「大学には行かずにアプガに集中しようと思います。大学はいつでも行けるけど、アプガは今しかないので」と断言し、会場からは大きな拍手が起こった。続けて、「アイドル戦国時代は終わりと言われているけど、そんなことはない。私もアイドルの一員としてもっと上に行けるように頑張ります!」とさらなる飛躍を誓っていた。

ほか、イベントではアプガの楽曲で、新井が一番好きな曲という「You’re the best」と、バラードナンバー「Dateline」をソロで熱唱し、集まった約100人のファンを魅了した。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー
[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー

本音ランキング