ハリポタ新作『ファンタスティック・ビースト~』初映像公開! あの呪文も登場

 

『ハリー・ポッター』の5年ぶりの新作となる新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年冬日本公開)の初映像が15日、全世界で公開された。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』新アート

本作は、ハリー・ポッターたちが魔法を学んだホグワーツ魔法学校で使われていた、魔法動物に関する教科書『幻の動物とその生息地』を著した魔法学者ニュート・スキャマンダーが、研究のために世界中を旅し、ニューヨークにたどり着き始まる物語。『彼女と博士のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが、主人公ニュート・スキャマンダーを演じる。

ニュートが手に持っている"魔法のトランク"には、世界中で見つけた魔法動物が詰め込まれており、スイッチを入れると魔法使い以外には中身が見えなくなる仕組み。ある日ニュートは、トランクの魔法動物を逃がしてしまい、米国魔法省から追われる立場に。魔法使いの存在を世間にさらし、魔法省壊滅を狙う謎の組織も現れ、旅は予期せぬ大冒険へと変貌を遂げていく。ニュートを追うのは、名優コリン・ファレル演じる米国魔法省トップクラスの実力者で、"闇祓い"と呼ばれる凄腕魔法使いのグレイブスだ。

公開された映像は、"ルーモス・マキシマ(強き光よ!)"というシリーズおなじみの呪文から始まる。そして、トランクの中を確認しているニュートの姿が映っており、魔法動物が逃げ出したことが明かされる。窮地に陥るニュート・スキャマンダ―の傍には、ハーマイオニーからバトンを託された新ヒロインである、キャサリン・ウォーターストンが演じるティナの姿も。ティナが所属している米国魔法省はマンハッタンのウールワース・ビルディングにある設定となっており、この内観の様子も確認できる。このビルは1913年に建てられた実在するビルであり、ハリポタシリーズファンの新たな聖地となりそうだ。


(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事