「RX-VISION」も! マツダ、東京オートサロン2016にコンセプトカー2台を出展

マツダはこのほど、2016年1月15日~17日にかけて幕張メッセで開催される『東京オートサロン2016』において、コンセプトカー「RX-VISION」と、ドライビングシミュレーターソフト「グランツーリスモ」シリーズ用にデザインされた「LM55 ビジョン グランツーリスモ」フルスケールモデルを出展すると発表した。

「RX-VISION」

「LM55 ビジョン グランツーリスモ」

今回の同社出展テーマは、「Be a driver.~人とクルマの関係は、『走る歓び』でもっともっと深くなる~」。展示ブースでは、市販車に専用デザインのエアロパーツなどを装着した「CX-3」「ロードスター」「アテンザ」のカスタマイズモデルを参考出品するほか、2016年より世界の複数の地域で開催予定の「Global MX-5 Cup」レース仕様のロードスターも出展する。

また、2015年の6月に行われた世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント『2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(2015 Goodwood Festival of Speed)』を知ることができるコーナーを設け、世界の自動車文化やマツダの参加型モータースポーツなどを紹介する。

さらに、デザイナーによるプレゼンテーションをはじめ、プレイステーション専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』上で、コンセプトカー「LM55 ビジョン グランツーリスモ」のドライブを体験できるコーナーを設ける予定。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事