IE脆弱性の約85%が最も深刻度の高い「レベルIII」 - IPA

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は15日、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポート期限について、改めて注意を喚起した。IEは2016年1月12日にサポートが"各Windows OSで使える最新版のみ"となり、旧バージョンはサポート外となる。

米Microsoftは2014年8月に、2016年1月12日からIEのサポートを最新版のみとすることを発表済み。以降は、IEの旧バージョンのサポートが終了し、セキュリティ更新プログラムなどが提供されなくなる。このため、脆弱性を突いた攻撃が行われた場合、旧バージョンのIEを使っているユーザーは「ブラウザを正常に使えなくなる」「情報が漏洩する」といった被害に遭う恐れがある。

IPAが運営する脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」によると、IE 7からIE 10までの脆弱性対策情報は、2013年1月から2015年11月までの期間で506件。このうち、85%にあたる430件が、最も深刻度の高い「レベルIII(危険)」だったという。今後も深刻度の高い脆弱性が発見される恐れがあり、IPAでは一般ユーザーや企業のシステム担当者らに対し、改めてIE最新バージョンへのアップデート実施を促している。

Windows OS別のIEサポート継続バージョン(図:IPA)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電
キヤノン、24-105mm・F4通しのLレンズを11年ぶりにリニューアル
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電