嵐・松本潤、来年から3年連続良い年になると言われ「期待しかないです」

  [2015/12/15]

アイドルグループ・嵐の相葉雅紀と松本潤が15日、東京・丸の内のJPタワーで行われた、2016年用年賀状引受開始セレモニーに登場し、年賀状の投函(とうかん)を呼びかけた。

相葉雅紀が潜んでいた巨大特製ポスト

スペシャルゲストとして紹介され、最初に登場したのは松本だけ。今年を振り返り「8年ぶりに宮城県でコンサートもできましたし、今もドームツアーの最中で、たくさんのファンの人たちと会う機会ができ、直接コミュニケーションして、たくさんの方たちに支えられているんだなと実感しています」と話し、この日から引受を開始した年賀状は「(嵐のメンバー)全員に出します。大野さん、櫻井さん、二宮さんに出します」と胸を張った。

すると、ステージ上の巨大特製ポストの中から「こらこらこら、バカ言ってんじゃないよ。千葉県出身・相葉雅紀さんもいるでしょ!」という声が流れ、ポストが開くと、満を持して相葉が登場。しかし、多くの報道陣・関係者がいるにもかかわらず、リアクションは薄く、相葉は「ちょっと思ってた感じと違うな」と困惑し、松本は「いつものバラエティ番組とは違うんで」と説明していた。

それでも、巨大ポストの中で待機していた相葉は「すごい居心地は良かったです」となぜが満足気で、松本から「相葉さんならではの出方でしょうね」と冷静に分析されていた。

来年はどんな年にしたいかを聞かれた松本は、先日行われたフジテレビの年末年始キャンペーン「アラおめ!」の会見で、2016年は12年に1度の良い年と占われたと報告していたが、追加情報を公開。友人によると、来年から3年連続で良い年になると教えられたそうで、「なんかよく分かんないんですけど、新しいことにもチャレンジしていきたいですし、実りある1年にしたいです」と抱負を語り、「期待しかないです」とうれしそうな表情を浮かべた。

一方の相葉は「僕は(嵐が出演する年賀状CMソングの)名曲のようにゆるーく、ゆるキャラのように行きたいです」と意気込み。さらには「楽しく、キャッチーに、キャッチーな相葉雅紀に」とスローガンを掲げた。

セレモニーでは、小さな子どもたちが年賀状をポストに投函するのを、相葉・松本の2人がサポートするというイベントも。一緒に投函する段取りのところ、子どもが待たずに自分で入れてしまったが、スタッフによって即座に裏から返却され、相葉は「いいポストだねー」と、思わぬハプニングをフォローしていた。

関連キーワード

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山本美月、共演者にアプローチ?「ベタベタしながら喋らせてもらいました!」
[15:00 5/24] エンタメ
【レポート】メッセージが読めるアプリ「スマート留守電」の使い勝手は? - ソースネクストの狙いも考える
[14:58 5/24] 携帯
[藤木直人]蜷川幸雄さん“遺作”へ涙で決意 多部未華子も気丈に…
[14:26 5/24] エンタメ
[後藤真希]休日は「娘のためにできることを」
[14:18 5/24] エンタメ
ケン・ローチ監督、カンヌ映画祭で2度目のパルムドール賞受賞
[14:04 5/24] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR