MS、「ストレージを返せ」の声に応えOneDriveの無料容量を15GBで維持可能に

 

米Microsoftはこのほど、同社が2015年11月に発表したクラウドストレージサービス「OneDrive」の提供プラン変更について、その一部を修正すると発表した。5GBへの縮小が予定されていた無料で使用できる容量を、オプトインにより15GBのまま維持できるようになる。

2015年11月に発表されたプラン変更では、Office 365ユーザー向けに提供していた「OneDriveのストレージ容量無制限」を撤回、上限1TBに削減した。また、Office 365に加入していなくとも利用できる無料のストレージ容量を、15GBから5GBに縮小、さらに15GBのカメラロールボーナスも廃止されることとなった。

プラン変更に既存のOneDriveユーザーは大反発。Microsoftが開設した「OneDrive UserVoice」(OneDriveに対して意見ができるサイト)に寄せられた「Give us back our storage」(われわれのストレージを返せ)という投稿には、7万件以上の支持が集まった。

「OneDrive UserVoice」に投稿された"Give us back our storage"

この投稿を受け、Group Program ManagerであるDouglas Pearce氏がコメントを返信。「全体的な計画は変更しない」としながらも、一部の内容について修正を行うと発表した。

無料で利用できる容量については、Microsoftが用意したオプトインページから申し込みを行うことで、15GBのまま維持できるほか、15GBのカメラロールボーナスも引き続き利用できるという。ただし、オプトインページは2016年1月31日まで有効で、申し込みを行わない場合、無料ストレージ容量は予定通り5GBに縮小され、カメラロールボーナスも失う。

Microsoftが用意したオプトインページ

実際にオプトインページからOneDriveアカウントで申し込みを行うと"Success!"の表示とともに「今後のストレージの変更による影響を受けない」と表示される

また、個人向けOffice 365ユーザー向けには、「1TBへの容量制限」という内容に変更はないが、これを不服とするユーザーに対して返金を行うとしている。

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー