西川史子、大沢樹生&喜多嶋舞を痛烈批判「親になる資格ない」

女医でタレントの西川史子(44)が13日、TBS系バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜9:54~11:30)で、実施騒動渦中にある大沢樹生(46)と喜多嶋舞(43)を批判した。

女医でタレントの西川史子

元光GENJIのメンバーである大沢と長男の間に「親子関係は存在しない」と裁判で判決が下されたことに関し、元妻で女優の喜多嶋は雑誌『婦人公論』(12月22日・1月4日号/中央公論新社)で「息子の父親は大沢さんに間違いありません」などと主張。これを受け、大沢も自宅付近で緊急会見を開き、テレビなどの取材に応じていた。

この騒動に関し、西川は「公にすることではない」と批判し、「息子さんがかわいそすぎませんか? こんなことになっちゃって」と長男のことを心配。「子供のことを一番考えてあげなきゃいけない」と言い、「親になる資格ないですよ、こういう人たちは」と言い放った。また、「どっちにしろ親子なんですよ。それでいいじゃないですか」などと話した。

さらに、喜多嶋が芸能界引退の意向を示したことについて「今そんなに仕事してないじゃないですか」と疑問を呈し、「引退とか言う必要ない」と意見した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事