FiiO X7、Android搭載の最上位ハイレゾDAP - アンプ着脱可能

 

オヤイデ電気(小柳出電気商会)は12月11日、ハイレゾ対応ポータブルプレーヤーのフラッグシップモデル「FiiO X7」を発表した。発売は12月18日。価格はオープンで、推定市場価格は税別99,000円前後。

FiiO X7

X7は、FiiOブランドのフラッグシップハイレゾポータブルプレーヤー。Android OSを採用しており、プレイヤー機能のみを使用する「Pure Musicモード」と、Androidアプリを利用できる「Androidモード」の切り替えが行える。液晶モニターは4インチのタッチパネル式。DACチップにESS テクノロジーの「ES9018S」を搭載し、DSD 5.6MHzや384kHz/32bitのWAVファイルをネイティブ再生できる。

本体下部のアンプモジュールが着脱式となっていることも特徴のひとつ。付属のIEM用スタンダードモジュールやオプションモジュールに取り替えて、機能や音質をカスタマイズ可能だ。同社はX7のオプションモジュールとして、高品位なチップを搭載する「Medium-class module」、駆動力の高い「High-Power module」、バランス接続を可能にする「Balanced Module」の発売を予定している。

アンプモジュールはネジで着脱できる

音楽再生アプリとして、X7専用の「FiiO Music」をプリインストール済み。FiiO Musicは今後のアップデートで、DLNAやNAS、Dropboxなどのクラウドストレージを介した音楽再生に対応する予定だ。プロフェッショナル仕様のVUメーター3種類と、10 Band EQ(イコライザー)を備えている。

本体の主な仕様は、CPUが4コアのCortex-A9 (Rockchip RK3188)、内蔵メモリが32GB、microSDカードスロット(最大128GB対応)を1基、通信機能としてWi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)とBluetoothを備えている。再生可能な対応ファイル形式はDSD、DXD、WAV、WMA、APE、FLAC、ALAC、AAC、OGG、MP3、MP2など。ヘッドホン出力は16Ωで200mW、32Ωで100mW、300Ωで10mmW。バッテリー駆動時間は約9時間。サイズはW64×D16.6×H130mm、重量は220gとなっている。

また、X7の充電や1.5Wのアナログライン出力が行えるドッキングステーション「FiiO K5」もリリース予定。本体にUSB DACやボリュームコントローラーを装備する。「K5」の発売時期は未定。

X7専用の音楽アプリ「FiiO Music」

発売予定のドッキングステーション「FiiO K5」

クリックして画像を拡大

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー