カトキハジメら描き下ろし、『機動戦士ガンダム0083』BD-BOXイラスト公開

 

カトキハジメ氏描き下ろし収納BOXイラスト

2016年1月29日にバンダイビジュアルから発売される『機動戦士ガンダム0083 Blu-ray Box』のために用意された、同作メカニカルデザインのカトキハジメ氏らによる描き下ろしイラストが公開された。

ガンダム史上圧巻のクオリティを誇る『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』には、第1話「ガンダム強奪」から最終話「駆け抜ける嵐」の全13話を収録(劇場版は未収録)。一年戦争終結の3年後が舞台で、連邦軍が極秘裏に開発していた2体の新型ガンダム試作機のうち核弾頭を搭載した1機が、ジオンのエースパイロットであるアナベル・ガトー少佐によって強奪され、新型ガンダムを巡って「デラーズ・フリート」を名乗るジオン残党軍との激闘が描かれている。本作に登場するモビルスーツ(MS)は、今でも根強い人気を集めている。

描き下ろしイラストは、収納BOXとインナージャケットに採用されており、カトキハジメ氏は収納BOXを担当。キャラクターデザイン・総作画監督の川元利浩氏、メカニカルデザインの明貴美加氏、『月刊ガンダムエース』(角川書店刊)にてコミック『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』を連載中の夏元雅人氏の3名がインナージャケットを描き下ろしている。

『機動戦士ガンダム0083 Blu-ray Box』は、今回の発売にあたりHDリマスターを行いBlu-ray化。加えて100ページ(予定)におよぶ「特製ブックレット」が封入されほか、映像特典には、シーマ・ガラハウ中佐の知られざる生き様を描いた新作ピクチャードラマ「宇宙の蜉蝣2」も収録される。この映像には、地球連邦軍の「ガンダム2号機」の強奪に成功し、帰還を果たしたアナベル・ガトー少佐へ手荒いあいさつを仕掛けるシーマ、その最中に彼女が垣間見る予知夢ともいうべき新たな悪夢が描かれている

ほかにも、ピクチャードラマ「宇宙の蜉蝣」と「ノンテロップオープニング&ノンテロップエンディング」が収録される。音声特典にはオーディオコメンタリーを新録。コウ役の堀川りょう、ガトー役の大塚明夫、シーマ役の真柴摩利が第5話、コウ役の堀川りょう、バニング役の菅原正志、シーマ役の真柴摩利が第8話、コウ役の堀川りょう、ガトー役の大塚明夫、ニナ役の佐久間レイが第12話のオーディオコメンタリーに登場。さらに、DVD-BOXに収録されていた「オーディオコメンタリー(第1話、第10話)」も再録され、1992年に発売された「CDシネマ/ルンガ沖砲撃戦」と「CDシネマ2/宇宙の蜉蝣」も収められる。価格は27,000円(税込)で、2017年1月28日までの期間限定生産。

(C)創通・サンライズ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NEWS小山「僕は何でもやります!」- くりぃむ有田に代役出演イジられ宣言
[09:00 8/28] エンタメ
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、第2期の新キャラなど最新情報を公開
[09:00 8/28] ホビー
「ハイレゾ」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電
スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」スタート! - 気になる画質は? 使い勝手は?
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電
1人分10g以下! オーガニック枝豆を使った低糖質チーズケーキ発売
[09:00 8/28] ヘルスケア

本音ランキング