暴行被害の柳ゆり菜、「私は元気」と笑顔 - ファンは安堵も今後を心配

女優の柳ゆり菜(21)が10日、自身のツイッターを通じて「私はこの通り元気」と報告し、ファンを安心させた。

女優の柳ゆり菜

柳は今月5日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で2016年カレンダーの発売イベントとして握手会を開催。報道によると、自称介護士の男(21)がそこで柳の右腕をつかんで引っ張り、逃走したが握手会スタッフに取り押さえられた。その後、警視庁新宿署が暴行の疑いで現行犯逮捕。男は柳のファンで「腕をつかんだのは間違いない。助けてあげたかった」と話しているという。

その後もツイッターやブログをいつものように更新していた柳。このことが報じられると、ツイッターでまずは「今回は私の報道に関して皆様にご心配おかけして申し訳ありません」と詫びながら、「私はこの通り元気にお仕事させていただいております。今後ともよろしくお願いします!!」と笑顔の自撮り写真を載せた。

ツイッターを見たファンは「ほっとしてます」「大丈夫そうでよかった」「心配してました」「元気で何より」と安堵。その一方で、「精神的被害は大丈夫ですか?」「今後が心配」「PTSDになっていない事を願うだけ」「変なトラウマにならないように願います」など、精神面での影響を案じる声も広がっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事