凸版とNTTデータ、次世代型決済サービスを開発へ

 

凸版印刷とNTTデータは12月8日、次世代型決済サービスの開発で協業することで合意したと発表した。

取り組みの第一弾として凸版印刷は、NTTデータの技術支援を受けて「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」を金融業界や流通業界に向け、12月より提供する。

凸版印刷はこれまで、国際ブランドクレジットカードの製造・発行業務やスマートフォンへのクレジットデータ発行サービス「TOPPAN SP-TSM」、キャッシュカードの店頭即時発行システム「TOPPAN ACIS-BS」などの決済関連サービスを提供している。一方のNTTデータは、「CAFIS(キャフィス)」をはじめとしたカード決済ネットワークの構築や、POS端末のカード決済ソリューションをASPで店舗に提供する「PastelPort(パステルポート)」、店舗でのカード決済や口座振替受付を1台で実現する「INFOX(インフォックス)」などのカード決済ソリューションの開発・提供を行ってきた。

今回の取り組みは、国際ブランド加盟店で利用可能なプリペイドカードの発行・管理を行うサービスで、凸版印刷のコミュニケーションツールの開発ノウハウやセキュア媒体の開発・製造ノウハウに、NTTデータの決済関連サービスと開発ノウハウを融合させた決済サービスを提供していく。

プリペイドカードは、与信審査が不要なため容易に入手できるため、生活者は日常の買い物、国内外の旅行や出張などで、手軽にキャッシュレス決済を行えるようになる。両社は、2018年度中に関連受注を含め、約100億円の売り上げを目指す。

ほかにも、訪日外国人向けの"おもてなし"につながる、情報配信機能や決済機能などを融合させたサービスや、地域活性化、地域産業の振興に貢献する決済サービスなどの取り組みを進めていく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電