凸版とNTTデータ、次世代型決済サービスを開発へ

 

凸版印刷とNTTデータは12月8日、次世代型決済サービスの開発で協業することで合意したと発表した。

取り組みの第一弾として凸版印刷は、NTTデータの技術支援を受けて「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」を金融業界や流通業界に向け、12月より提供する。

凸版印刷はこれまで、国際ブランドクレジットカードの製造・発行業務やスマートフォンへのクレジットデータ発行サービス「TOPPAN SP-TSM」、キャッシュカードの店頭即時発行システム「TOPPAN ACIS-BS」などの決済関連サービスを提供している。一方のNTTデータは、「CAFIS(キャフィス)」をはじめとしたカード決済ネットワークの構築や、POS端末のカード決済ソリューションをASPで店舗に提供する「PastelPort(パステルポート)」、店舗でのカード決済や口座振替受付を1台で実現する「INFOX(インフォックス)」などのカード決済ソリューションの開発・提供を行ってきた。

今回の取り組みは、国際ブランド加盟店で利用可能なプリペイドカードの発行・管理を行うサービスで、凸版印刷のコミュニケーションツールの開発ノウハウやセキュア媒体の開発・製造ノウハウに、NTTデータの決済関連サービスと開発ノウハウを融合させた決済サービスを提供していく。

プリペイドカードは、与信審査が不要なため容易に入手できるため、生活者は日常の買い物、国内外の旅行や出張などで、手軽にキャッシュレス決済を行えるようになる。両社は、2018年度中に関連受注を含め、約100億円の売り上げを目指す。

ほかにも、訪日外国人向けの"おもてなし"につながる、情報配信機能や決済機能などを融合させたサービスや、地域活性化、地域産業の振興に貢献する決済サービスなどの取り組みを進めていく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ