サーモフィッシャーなど、NGSを用いたコンパニオン診断開発で合意

 

サーモフィッシャーサイエンティフィック(サーモフィッシャー)はこのほど、次世代シーケンス(NGS)によるマルチマーカーを対象とした汎用的な腫瘍の遺伝子検査の開発と商用化について、ノバルティスおよびファイザーと協定を締結したと発表した。同協定では、NGSを非小細胞肺がん(NSCLC)の領域において、さまざまな創薬プログラムに対するコンパニオン診断(CDx)として活用すること目指す。

NSCLC向けの、NGSに基づくコンパニオン診断検査は、サーモフィッシャーの「イオントレント Ion PGM DxとOncomineアッセイ」を用いて開発する予定。NGSでは、1つのサンプルから複数の遺伝子を同時に検査し、固有の遺伝子プロファイルを同定することができるため、複数の候補薬剤から適切な治療法を選択する際の指針として利用することができる。また、NGSプラットホームとOncomine試薬を両方使用することで、数百もの遺伝子の配列を同時に解析し、短時間で高い再現性を得ることも可能となる。

さらに、独自の性能として、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織を用いた場合に必要とされるDNA・RNAサンプルはごく少量(10ng)であるため、より広範な種類の腫瘍サンプルの配列を包括的に解析することができる。また将来的に、NGSパネルを広範な種類のがんに関連する腫瘍マーカーを取り入れたプラットホームとして使用することで、新たな臨床適応症を既存の薬剤に加えたり、別の適応症を目的として新しい治療法を開発したりできるようになるという。

サーモフィッシャーは「この度の協定により、1つの薬剤に対し1つの検査を行う従来の手法から、複数のNSCLC治療法のために一つの検査を行う手法へと、パラダイムシフトがもたらされる可能性があります。」とコメントしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電