証券監視委、東芝に対し73億7,350万円の課徴金

 

証券取引等監視委員会(証券監視委)は7日、東芝に対し73億7,350万円の課徴金納付命令を出すよう、金融庁へ勧告した。

東芝による不適切会計問題で、有価証券報告書等の虚偽記載における法令違反が認められたもの。東芝は、一部の工事進行基準適用案件において、工事損失引当金の過少計上や売上の過大計上を行ったほか、映像事業やPC事業、半導体事業などの一部で、売上原価の過少計上、費用の過少計上などを行っていた。

人気記事

一覧

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー