Windows Server 2016、ソケットベースからコアベースのライセンスに変更か

 

Betanews - Technology News and IT Business Intelligence

BetaNewsは12月6日(米国時間)、「Windows Server 2016 switches to per-core licensing」において、「Windows Server 2016 and System Center 2016 Standard and Datacenter Editions - Pricing and licensing FAQ December 2015 (PDF)」の資料から、2016年後半でのリリースが予定されている「Windows Server 2016」のライセンスがソケットベースから物理コアベースに変わる可能性があると説明した。これが実現すると、実質的にライセンス価格が上がる可能性があると指摘している。

Microsoftは資料の中で、1ソケット当たり8物理コアまたはそれ以下のコア数に対してはWindows Server 2012 R2の2ソケットライセンスの価格と同等になると説明。Microsoftはライセンス体系を変更する理由について、Azureなどを想定したハイブリッドクラウドをサポートするためだとしている。

具体的には、これまで2ソケットのマシンで1ソケット当たり10物理コアを搭載したプロセッサを使っていたケースと、4ソケットのマシンで1ソケット当たり10物理コアを搭載したプロセッサを使っていたケースで、ライセンスを追加購入する必要があるとしている。ソケット数や物理コア数がこれよりも少ないケースではライセンス価格に変更はないと説明がある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
「夏目友人帳 伍」は10月から!夏目とニャンコ先生の新カットも公開
[19:38 7/23] ホビー
東国原英夫vs上西小百合が因縁の生対決 - 27時間テレビ『バイキングSP』
[19:33 7/23] エンタメ
[長谷川博己]始球式“失敗”のゴジラをフォロー ナイスゴールで会場沸かす
[19:30 7/23] エンタメ