綾野剛、"警察史上最大の不祥事"で『凶悪』監督と初タッグ「最狂最愛物語」

 

俳優の綾野剛が、『凶悪』(13年)で知られる白石和彌監督の最新作『日本で一番悪い奴ら』(2016年6月25日公開)で主演を務めることが4日、発表された。綾野と白石監督がタッグを組むのは今回が初で、映画には『凶悪』のプロデューサーチームが再集結した。

映画『日本で一番悪い奴ら』で主演を務める俳優の綾野剛

『凶悪』でメジャーデビューを果たし、第5回TAMA映画賞や新藤兼人賞2013など国内の数々の映画賞を獲得して以来、さまざまな企画が持ち込まれている白石監督。北海道出身の白石監督は、2002年に実際に起きた"日本警察史上、最大の不祥事"とも呼ばれる「稲葉事件」をモチーフとした構想を温めており、「この映画を撮らずに、次のステージに進めない」と語っていたという。本作は、その「稲葉事件」をもとに、綾野演じる警部と、"S"(スパイ)と呼ばれるチンピラなどの捜査協力者たちを映したクライム・エンターテイメント作品だ。

綾野は、「実話を元にした白石和彌監督作品『日本で一番悪い奴ら』通称"日悪(ニチワル)"が、少しずつ皆さまに近づいている。まるで獲物の狙いを定め、ギリギリの極致まで爪を見せない何物のように。何かのプレイのように」と緊張に満ちた語り口で、「始まってしまう」「武者震いします」と告白。同時に、白石監督との現場では「私の役者人生に無二の影響を与えていただきました」と大きな刺激を受けたことを明かす。さらに、本作を、「私が来年出演する映画でも、最も衝撃で愚かでいとおしい、何物にも代えがたい問答無用の最狂最愛物語」とまで表現。「どうか、1人の男の人生を目撃ください」とアピールしている。

初タッグとなった白石監督は、そんな綾野との撮影を「綾野剛という希代の映画俳優と共に粉骨砕身して取り組みました」と振り返った上で、「1人の人間の半生を描くことが、これほどまでに困難で苦しく、そして極上の輝きを持つのかと驚嘆しています。それもこれも全ては綾野剛!」と絶賛。正義だと信じて疑わずにどんどん悪に染まっていくという不条理な役柄を振り切って演じた綾野の役者精神を力強くたたえた。

本作は、2015年6月初旬から7月上旬に撮影。来年2月の完成を予定している。

メガホンを取る白石和彌監督

(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー

本音ランキング