JBL、スポーツイヤホン3機種 - 約14gのBluetooth対応モデルなど

 

ハーマンインターナショナルは12月4日、JBLのスポーツ向けイヤホン「REFLECT MINI BT」「GRIP 100」「GRIP 200」を発表した。発売は12月10日で、価格はオープン。直販価格は、REFLECT MINI BTが13,880円、GROP 100が2,880円、GTIP 200が3,880円(いずれも税別)。

約14gの軽量Bluetoothイヤホン「REFLECT MINI BT」

REFLECT MINI BT

ブルー、ブラック、レッド、ティールグリーンの4色をそろえる

REFLECT MINI BTは、14.1gと軽量なBluetoothスポーツイヤホン。IPX4等級の防水性能を持つ。5.8mm径のダイナミックドライバーを搭載。Bluetoothのバージョンは4.0で、バッテリー駆動時間は約8時間となっている。ケーブルは長さ55cmで、夜間のランニング時やウォーキングに向いた反射材を使用。また、通話、音量調整、曲送りなどを操作するマイク付き3ボタンリモコンを装備している。

周波数特性は10Hz~22kHzで、インピーダンスは16Ω。感度は96dB/mWだ。スタビライザー付きのスポーツ用イヤーチップと、レギュラータイプのイヤーチップが付属する。カラーはブルー、ブラック、レッド、ティールグリーンの4色。

激しい運動に向いた「GRIP 100」「GRIP 200」

GRIP 100とGRIP 200は、スノーボードやスケートボードなど、激しい動きを伴うスポーツ向けに開発されたイヤホン。GRIP 200のみ、ハンズフリー通話に対応したマイク付き1ボタンリモコンケーブルを採用している。

GRIP 100

GRIP 200

独自機構「ツイストロック」では、イヤチップを回転させながら装着することでロックが働き、安定した装着感を実現している。周囲の音が適度に聞こえるオープンダイナミック型を採用。イヤホンの背面にケーブルをはめ込むための溝を設けており、片耳のみの装着も可能だ。

主な仕様は、ドライバー径が14.2mm、周波数特性が20Hz~20kHz、インピーダンスが32Ω、感度が110dB/mW、ケーブル長が1.1m。重量はGRIP 100が17gで、GRIP 200が20g。ブルー/オレンジ、ミントグリーン、チャコールグレー、オリーブグリーンの4色を用意する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア