国家公務員の給与、月例給・ボーナスともに引上げることを閣議決定

  [2015/12/04]

政府は4日、「公務員の給与改定に関する取扱いについて」を閣議決定した。

閣議では、一般職の職員の給与に関する法律の適用を受ける国家公務員の給与について、8月6日の人事院勧告どおり改定を行うものとすることを決定。

8月6日の人事院勧告では、国家公務員の給与について、民間給与との較差(0.36%)を埋めるため、俸給表の水準を引き上げるとともに、給与制度の総合的見直しにおける地域手当の支給割合を引上げ。

また、ボーナスを引上げ(0.1月分)、民間の支給状況等を踏まえ勤勉手当に配分するとしていた。

一般の職員の場合の支給月数

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・内田彩、8月13日に日本武道館でソロライブ開催決定
[07:00 5/29] ホビー
キャンプ場、廃工場で結婚式!?ウェディング界の革命児の“次なる一手”とは
[06:00 5/29] エンタメ
芦田愛菜&シャーロット、感動の演技バトルを披露『OUR HOUSE』第7話
[06:00 5/29] エンタメ
「世界一美しいクモ」の求愛行動がネットで話題、モテないオスは…
[05:00 5/29] エンタメ
[劇的ビフォーアフター]放送14年でリフォーム300軒に
[05:00 5/29] エンタメ

特別企画 PR