剛力彩芽、今年の漢字は"力"「自分を見つめ直す時間増えた」「来年も全力」

 

剛力彩芽(23)、武井咲(21)、忽那汐里(22)らオスカープロモーション所属の11人が3日、東京・明治記念館で行われた「晴れ着撮影会」に出席した。

女優の剛力彩芽 撮影:西田航/木場ヨシヒト

「晴れ着撮影会」は、米倉涼子、上戸彩など人気女優が多数所属する芸能事務所・オスカープロモーションが毎年行っているマスコミ向けイベント。3人のほか、河北麻友子(24)、宮崎香蓮(22)、本田望結(11)、小芝風花(18)、吉本実憂(18)、小澤奈々花(16)、高橋ひかる(14)、花岡なつみ(19)といったこれからのさらなる活躍が期待される11歳から24歳までの計11人が、晴れ着姿を披露した。

4月クールのテレビ朝日系ドラマ『天使と悪魔 -未解決事件匿名交渉課-』に主演し、9月には4枚目のシングル「相合傘」をリリースするなど、今年も多方面で活躍した剛力。「今年はありがたいことにゆっくりする時間が増えて、自分を見つめ直す時間も増えました」とうれしそうに話し、「今までいろんなお仕事を全力で挑戦させていただいた中で、あらためて自分が一つ一つの仕事にどうやって向き合っていくのかを考えました」と語った。

周囲の支えを実感したという2015年は、漢字一文字で表すと"力"。舞台やライブのステージなどを通して「周りの方のパワー」を感じたそうで、「だからこそ来年も全力でいけたら」とそこから得たものを来年にぶつける覚悟だ。さらに周囲の支えからも"力"が伝わったといい、「周りの方の支えがあるからこそ、お仕事もできる」と再認識。「来年も引き続き吸収することを忘れずに」と気を引き締めながら、「自分らしさを忘れずに、丁寧に前向きに楽しく。お仕事もプライベートも充実できるようにがんばりたい」と来年に向けて意気込んでいる。

左から河北麻友子、花岡なつみ、小芝風花、本田望結、忽那汐里、武井咲、剛力彩芽、高橋ひかる、吉本実憂、宮崎香蓮、小澤奈々花

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

王道青春ラブ「4月の君、スピカ。」6巻発売、直筆の生下絵を100名に進呈
[22:30 9/26] ホビー
京急電鉄11/19ダイヤ改正 - 品川駅での着席機会向上、下りウィング号も変更
[22:23 9/26] ホビー
ヒロミ、中居の"女性との風呂経験ゼロ"発言に「だからお前未熟なんだ」
[22:22 9/26] エンタメ
「ジョジョ」吉良吉影のネクタイ再現したドクロ柄の「KIRA's tie」
[22:01 9/26] ホビー
Apple、開催中の「Apple Music Festival 10」のハイライトシーンを公開
[21:59 9/26] パソコン

本音ランキング