カブクとミツイワ、中小企業向けクラウド型3Dプリンタサービスを提供

 

カブクとミツイワは12月2日、中小企業が3Dプリンタを使った製造を可能とすることを目指し、クラウド型3Dプリンタ関連サービス分野での販売・技術提携をすることで合意したと発表した。

具体的には、カブクが2015年8月より本格展開を開始した、3Dプリンタ工場向けに製造受託業務に必要な機能をワンストップで提供する基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」、および3Dプリンタ製造パートナーのネットワークを提供し、ミツイワが全国展開している拠点をベースとした営業力とサービス力を中小企業向けに提供することで、中小企業が3Dプリンタを使った製造を支援しようというものとなる。

なお、Rinkak 3D Printing MMSはすでに200社を超える工場で利用を開始しているほか、ミツイワの国内拠点数は23とのことで、これらを組み合わせることで、カブクでは中小企業へのデジタルものづくりプラットフォーム構築・展開を加速させていきたいとしている。

カブクとミツイワの連携サービスの概要



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー
オリラジ中田、しくじり先生発特番『中田歴史塾』9・11放送 - 企画構想7カ月
[22:08 8/29] エンタメ