浜田雅功、ガキ使スタッフの信頼に"ブチッ!!" 修復には「金しかないな!!」

 

日本テレビ系大みそか恒例のバラエティ特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(12月31日18:30~24:30)の記者会見が2日、東京・汐留の同局で行われ、ダウンタウンの浜田雅功はスタッフとの信頼関係が「ブチッ!!と切れましたね」と不信感をあらわにした。

『ガキの使い』大晦日SPに出演するダウンタウンの浜田雅功

今年は、ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が「ガースー黒光り探偵事務所」の新人探偵に。さまざまな活動を展開し、例年通り、笑ってしまうとお尻をたたかれるお仕置きを受ける。

収録の感想を聞かれた松本人志は「(今年で)10年目ということなので、ファイナルにふさわしいなと思いますね」と今年での企画の終了を訴えると、浜田はいつもの張りのある声と正反対の低いテンションで「まぁ、同じですね…」とつぶやいた。

続けて「例年通り、しんどいのはしんどいですね」と振り返るも、今年は何かあったようで「スタッフとの信頼関係は、この年末で完璧になくなりましたね」と宣言。松本が「逆に今までよくありましたね」と聞くと、「そうは言うても20何年やってますから、そこそこの付き合いやなと思ってたんですけど…」と残念がり、その修復は「無理ですね。あとは金しかないな!!」と大人の解決方法を要求した。

左から 月亭方正、松本人志、浜田雅功、ココリコ(遠藤章造・田中直樹)

一方、「ゴボウの一件から、僕はずっと(信頼)ないですから」と主張するのは月亭方正。かつて同番組で放送されていた、お笑いコンビ・モリマンとの対決企画での「ゴボウしばき合い対決」がトラウマになっており、「ゴボウさえなくなったら、モリマン対決やりますよって何回も言ったんですけど、絶対にゴボウ対決をさせる」と怒りを語った。

しかし、松本はあやしがり、「そんなに嫌なら、僕がやってみようかな。あんなの対して痛くないでしょ? ウソでしょ?」と尋ねると「ゴボウってものすごい痛いんです。食物繊維、ハンパないですから!!」と訴えていた。

このように、痛みにトラウマのある方正は今年、痛み止めを飲んでロケに臨んだそうだが、松本からは「そんなのドーピングですよね。だったら痛め止め飲んで、ゴボウしばき合い対決やったらいいのに」と批判。しかし、方正は「頭痛とか腹痛とかには効くんですけど、お尻全然効かなかったです」といい、結局「部屋に帰ってお風呂入ったときに、(お尻に)激痛が走りました。この10年でここまで痛かったのは初めてです」と効果はなかったようだ。

この痛みの原因に、ほかのメンバーは心当たりがあるようで、浜田は「そのシーンめっちゃオモロイんです! どつかれてもええからずっと笑ってました」と、他人の不幸にドSぶりを発揮していた。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「働き盛り」って何歳ですか?
[11:42 8/25] シゴト
女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電

本音ランキング