IPAなど、産業ロボット分野におけるIoT製品の安全を確保する技術の実証実験

 

情報処理推進機構(IPA) 技術本部ソフトウェア高信頼化センターは12月2日、IoT時代における製品の安全・安心を確保するための開発指針の策定に向けた実証実験を、日本ロボット工業会ORiN協議会および機械振興協会との3者共同により12月7日から2016年3月末まで実施すると発表した。

内容としては、工場内の製造ラインを構成する装置からログなどの情報を収集し、異常を検知した場合に速やかに装置を安全に停止する仕組みなどを実装する「障害の波及防止対策(製造ライン稼働時の異常検出と対策)」および、工場内の製造ラインの増設や新規に装置を追加する場合に、その装置が信頼できる装置であることを確認するために、装置が信頼できるかなどの品質情報をやり取りする仕組みを実装し、製造ラインに組み込んで良いかの判断を行う「相互接続時の信用確認(要求品質が異なる装置を接続する際の対策)」の2つを予定している。

同実証実験の仕様決定、評価と報告書作成をIPA、実証実験のためのORiNアプリケーション作成をORiN協議会、実験環境の提供を機械振興協会が行う。

IPAによると、同実験で得られた結果は、現在策定中の開発指針に反映し、その有効性を高めると同時に、内容の充実を図っていくとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松戸市、渋谷駅前の街頭ビジョンCMを放映
[16:02 9/26] 企業IT
[日本テレビ]ドラクエショーは「この夏限り」
[15:51 9/26] エンタメ
宇多田ヒカルのラジオ特番が全国101局で放送! 新アルバムに込めた思い語る
[15:49 9/26] エンタメ
IIJ、企業向けWebメールに標的型攻撃や情報漏えいを防ぐ新機能を追加
[15:48 9/26] 企業IT
上海問屋、人差し指でダブルクリックできる左利き向けマウス
[15:44 9/26] パソコン