東京都・国立科学博物館で"恐竜博" - 謎の肉食恐竜スピノサウルスも

 

国立科学博物館(東京都台東区)では2016年3月8日~6月12日、「恐竜博 2016」が開催される。

スピノサウルスの最新復元骨格を日本初公開

「恐竜博 2016」では、全長約15mに及ぶ肉食恐竜・スピノサウルスの最新復元骨格を日本で初めて公開。二足歩行で立ち上がる恐竜と考えられていたが、2014年には「四足歩行で水中に潜んでいた」という仮説も発表されたという。同展では水中を泳ぐ姿勢でスピノサウルスの復元骨格を展示するほか、全長約12mのティラノサウルスの復元骨格もあわせて展示する。

ほかにも、2015年に発表された飛膜を持つ恐竜や、恐竜の子供の実物化石といった日本初公開の標本、映像シアターなども公開。開館時間は9時~17時(金曜日は~18時)となる。入館は閉館時間の30分前までで、毎週月曜日は閉館。なお、イベント情報やチケット情報は順次公式サイトにて発表されるとのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事