CA Technologies、アプリケーションのテスト品質を高める2つの製品を発表

CA Technologiesは11月30日、テストデータとテストケース(テスト仕様)の作成・管理を自動化することでアプリケーションのテスト工程を効率化する「CA Test Data Manager」および「CA Test Case Optimizer」を発表し、即日提供を開始した。

「CA Test Case Optimizer」は、要求の収集とテストケースの分析・設計ツール。アプリケーション開発の上流工程における曖昧な要求をビジュアルなフローチャートで表現することにより、開発チームが曖昧性を排除し、共通の認識を持ちながら要求の理解、テストケースの設計と分析を効率的に行うことを可能とする。また、フローチャート化された要求モデルから、自動テストの生成もでき、要求、テストケース、テストまでの流れが分断されることがなくなるため、テストの効率と品質を高めることが可能となる。

一方の「CA Test Data Manager」は、アプリケーションのテスト工程で利用するテスト用のデータを生成・管理するツール。本番稼働中のデータを利用し、個人情報など機密性の高い情報を短時間でマスキングし、テストに必要となるより現実環境に近いデータを自動生成する。また、新規アプリケーションの開発や例外処理系のテストなど、既存データをカスタマイズしてテストデータを生成するだけでは不十分な局面において、テストマッチ機能により、テストすべき項目と現在保有中のテストデータの関係を分析し、テストに足りないデータを生成することが可能。これらの機能により、テストデータ生成に要する期間を短縮するだけではなく、アプリケーションの十分なテストを実施でき、アプリケーションの品質を高めることができる。

なお同社は、これら2製品を日本市場に投入することで、アプリケーション開発における、テストからリリースの工程の自動化による開発期間の短縮と品質の向上をはかり、DevOpsの導入を促進させるソリューションを提供するとしているほか、企業におけるアプリケーションの生産性の向上に向けて、一層のアプリケーション・エコノミーの牽引を目指すとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事