食後血糖値の上昇を穏やかにする旨を表示した「アラプラス 糖ダウン」発売

SBIアラプロモはこのほど、「機能性表示食品制度」に基づき届出を行った「アラプラス 糖ダウン」が消費者庁に受理されたことを明らかにした。同商品は12月中に発売予定とのこと。

「アラプラス 糖ダウン」(4,900円・税別)

このほど消費者庁に受理された同商品は、血糖値が高めの人に適した食品で、「機能性関与成分」として「5-アミノレブリン酸リン酸塩」を含んでいる。同成分を配合したことで、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があるという。

「機能性表示食品制度」は、2015年4月1日から新たに施行された制度で、消費者庁長官に届出・受理されると、特定の保健の目的が期待できる旨を商品に表示することができる。

今回の受理により、同商品は機能性表示食品として12月中に同社公式オンラインショップやドラッグストアなどで販売される。パッケージには、「5-アミノレブリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。血糖値が高めの方に適しています」という機能性を表示した。

なお、届出の根拠となる臨床試験は広島大学において軽度高血糖者212名を対象に実施しており、類似の試験はハワイ大学でも行っている。同商品の機能性の科学的根拠や安全性、品質に関するデータや資料は、消費者庁のホームページで公開しており、同社のホームページでも近日中に公開予定とのこと。

内容量は30カプセル(30日分)。価格は4,900円(税別)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事