4K試験放送「Channel 4K」終了へ

 

次世代放送推進フォーラムは11月27日、124/128度CSデジタルを使用した4K試験放送「Channel 4K」を、2016年3月31日に終了させると発表した。同フォーラムは放送終了の理由について、「次世代放送サービスの開始とともに、試験放送としての役割も果たしたものと捉えた」と説明している。

チャンネルロゴ

Channel 4Kは2014年6月に開局。4K放送の技術推進などを目的に、解像度3,840×2,160ドットの4K60P映像を配信してきた。Channel 4Kの番組は2016年3月21日22時に、4K試験放送は2016年3月31日24時に終了する。

視聴者に対しては、2016年1月12日から複数の番組でテロップを表示することで終了告知を開始。その後、2月22日から3月21日にはChannel 4Kの全番組で告知テロップを表示する。3月21日22時から3月31日24時までは、終了告知画面のみを24時間放送する。また1月上旬と3月上旬に、ダイレクトメールでの告知を予定している。

近年の4K放送の動向としては、2014年に「アクトビラ」「J:COM オンデマンド」「ひかりTV」「フジテレビオンデマンド」にて4Kビデオオンデマンドの実用サービスが開始。2015年3月には「スカパー!4K 総合」「スカパー!4K 映画」の2チャンネルが開局した。2015年12月にはケーブルテレビやIP放送などで、4K実用放送の開始が予定されている。以上を踏まえ、次世代放送推進フォーラムは、Channel 4Kが試験放送としての役割を果たしたと判断。放送終了に至ったことを説明している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[今週の真田丸]第30回「黄昏」 秀吉の常軌を逸した行動に… NHK総合は45分繰り上げ放送
[07:00 7/31] エンタメ
ミュージカル界の王子・井上芳雄が明かす結婚観&葛藤とは
[06:30 7/31] エンタメ
映画「PとJK」大神平助役の高杉真宙は金髪に!劇中写真公開、三次マキも絶賛
[06:00 7/31] ホビー
芸能人が撮影した「心霊写真」に秘められた“警告”とは
[06:00 7/31] エンタメ
桐谷健太、浦ちゃんの誕生秘話を告白『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/31] エンタメ