FileMaker 14の関数・スクリプトを学べるビギナーズガイドブックが刊行

FileMaker 関数・スクリプト ビギナーズガイド - FileMaker 14 プラットフォームに対応した関数とスクリプトを学習

ファイルメーカーは、FileMakerプラットフォームを使用してカスタムアプリを開発するユーザー向けのリファレンスガイド『FileMaker 関数・スクリプト ビギナーズガイド - FileMaker 14 プラットフォームに対応した関数とスクリプトを学習』を発行した。公式オンラインストア FileMaker Storeや全国のFileMaker製品取扱店にて1,800円(税別希望小売価格)で購入できる。

同書は、FileMakerプラットフォームを使用してカスタムアプリを開発するユーザー向けのリファレンスガイドブック。スキルレベルが初級から中級の方を主な対象としている。600ページを超える本書は、関数リファレンス編とスクリプトステップ編の二部で構成されており、FileMaker Proのオンラインヘルプをベースに、日本のビジネス現場を熟知したプロフェッショナルのFileMakerデベロッパーが執筆にあたっている。

FileMaker 14プラットフォームの関数とスクリプトステップが全種類紹介されており、巻末にはエラーコード一覧を収録。既刊の『FileMaker Drill Book - FileMaker 14 プラットフォームに対応した 基本と実践を学習』と合わせて参照することで開発効率向上に役立つ。

現在、FileMakerの総合イベント「FileMaker カンファレンス 2015」が開催されているが、同イベントには紀伊國屋書店新宿本店が展示会場エリアに出店し、本書を含め、FileMaker関連の市販本やファイルメーカー発行の公式テキスト『FileMaker Training Series: 応用編』を販売している。

「FileMaker カンファレンス 2015」の開催は11月27日まで。場所は東京駅前のJPタワーホール&カンファレンスとなっている。

人気記事

一覧

新着記事