長瀬智也率いる、クドカン映画劇中バンド・地獄図CDデビュー!主題歌入予告も

 

TOKIOの長瀬智也主演、宮藤官九郎監督がメガホンを取る映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年2月6日公開) の劇中に登場し、長瀬がギター&ボーカルを務めるロックバンド・地獄図(ヘルズ)がCDデビューを果たすことが明らかになり、主題歌入りの予告映像が26日、公開された。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』ポスタービジュアル(正式なデザインは映画公式サイトで公開中)

本作は宮藤監督の完全オリジナル作品で、舞台に選ばれたのは地獄。地獄専属ロックバンド・地獄図のフロントマンで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーK(長瀬)と、17歳の若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイト・ひろ美(森川葵)に会いたい一心で生き返りを目指す、関大助(神木隆之介)の地獄めぐりの様子を描く。

地獄図は、キラーKと大助(ギター)、邪子(清野菜名/ベース)、COZY(桐谷健太/ドラム)の4人組。メンバーが劇中で演奏されるさまざまな楽曲は、来年2月3日にリリースされるサウンドトラック『TOO YOUNG TO DIE! 地獄の歌地獄』(2,500円/税別)に収録される。映画主題歌は、THE MAD CAPSULE MARKETS(活動休止中)のKYONO、物語の中で重要な曲「天国」は元NUMBER GIRLでZAZEN BOYSの向井秀徳が、それぞれ作曲を、パンクバンド・グループ魂の一員としても知られる宮藤監督が作詞を担当。地獄図に敵対するガールズバンド・デビルハラスメントの歌う、バンド同名の曲やスコア楽曲なども収められた20曲からなるサントラは、"最初にして最後の地獄のグレイテスト・ヒッツアルバム"といった仕上がりだという。

長瀬は、自身の演じるキラーKのボーカルについて「ロックなハイトーンボイス」と形容。「グルーヴと役柄の気持ちを意識して、思いっきり歌いました」と振り返る。KYONOのことは、「90年代に本当によく聴いていたし、リスペクトしていて、彼が使っている機材とマイクを通して自分の声を聞いた時には感動しました。『やべぇ、俺、KYONOになれてる』って(笑)」「日本でミクスチャーロックを成立させた第一人者のKYONOさんが作った曲を歌えたことを、とても幸せに思います!」と大感激。一方、"バンドメンバー"の神木は、「本格的にギターを弾くのは初めてで最初は不安もあった」と吐露するも、「長瀬さんにもいろいろとご指導いただきながら頑張りました」とも明かしている。

公開された予告映像では、演奏シーンも披露。中盤からは、主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」が流れ、ひろ美との再会を思って"地獄の特訓"を受けながらも、どこかあっけらかんとしている大助の姿や宮藤監督が「死ぬのが怖くなくなる映画が作りたかった」と話した、"爆笑地獄"の様子が映されている。

さらに、映画本編ゲストも発表。Char、野村義男、快速東京、木村充揮、元すかんちのROLLYや元メガデスのマーティー・フリードマンまで登場する。加えて、プロレスラーの関本大介選手、芸人のゴンゾーとジャスティス岩倉も参加しており、にぎやかな作品になっている。


(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事