ドコモ、スマホと外部デバイスを連携させるプラットフォームを無償提供

NTTドコモは11月25日、IoT(Internet of Things)の普及を目指し、スマートフォンのアプリとBluetooth Low Energy(BLE)対応のデバイスを連携させるためのプラットフォーム「Linking(リンキング)」を開発したと発表した。

「Linking」は、複数のアプリと複数のデバイスの連携情報を一元的に管理し、アプリとデバイスを相互に簡単に連携させる。同プラットフォームを利用することで、Linkingに対応したサービスアプリとLinkingに対応したデバイスを自由に組み合わせて使うことができる。

「Linking」の概要

具体的には、Linkingに対応したデバイスをカバンなどに着けておくことで、Linkingに対応したデバイスとスマートフォンが離れた場合に、Linkingに対応したデバイスから忘れ物防止情報を受信すると、ユーザーのスマートフォンに通知させることができる。

同社は同日、アプリやデバイスの開発者がLinkingに対応したサービスアプリやLinkingに対応したデバイスを開発するためのAPIをLinkingポータルサイトで公開した。APIは無償で利用可能。

あわせて、同社はサービスアプリとLinkingに対応したデバイスが連携するためのLinkingアプリを2016年1月から提供する予定。同アプリは無償で利用でき、対応予定のサービスアプリは「iコンシェル」「iチャネル」「ドコモメール」「スケジュール&メモ」。

「Linking」アプリ画面イメージ

対応デバイスは、Braveridgeから「Tomoru」が2016年1月にリリースされる予定。

「Tomoru」のイメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事