iOS版Acrobat ReaderとDropboxが連携、双方でファイルの展開/編集が可能に

 

米Dropboxは24日(現地時間)、オンラインストレージサービス「Dropbox」のiOS向けアプリから直接Acrobat Readerを起動し、Dropbox内のPDFファイルをAcrobat Readerアプリから閲覧できるアップデートを発表した。

iOS版Dropboxアプリ最新版では、PDF閲覧時にAdobe Acrobat Readerが起動するボタンが表示される

米Dropboxと米Adobe Systemsの連携は、デスクトップ版Adobe Acrobat DC/Adobe Acrobat Readerを対象に、10月から開始していた。今回、Acrobat ReaderとDropboxのiOSアプリでも連携を開始。Acrobat ReaderのiOSアプリ最新版では、Dropboxアカウントを紐付けることで、Dropbox内の全ファイルにAcrobat Readerアプリから直接アクセスできるようになった。

一方、iOS版Dropboxアプリもアップデートされ、Dropboxアプリから直接Acrobat Readerアプリの起動が可能になり、Dropbox内のPDFファイルに対し、サインやハイライト表示、注釈/コメントの付加といった編集作業をスムーズに行えるようになった。

Android版アプリでの連携は、2016年内を予定している。

人気記事

一覧

新着記事