セグウェイのような「Ninebot mini Pro」、ビックカメラで12月から販売

ビックカメラは、中国・Xiaomi(シャオミ)のグループ企業Ninebotが製造し、オオトモが日本総代理店として提供する小型電動二輪車「Ninebot mini Pro」を12月4日から販売開始する。価格は税別92,400円。有楽町店とビックロ、新宿西口店、ラゾーナ川崎店では実機を展示する。

Ninebot mini Pro

Ninebot mini Proは、運転者の重心移動で走行できる立ち乗り移動ロボット。フレーム素材にはマグネシウム合金を採用し、高い強度を持ちつつ重量12.8kgを実現した。体重センサーやスピードセンサー、電流センサーなどから運転者の走行データを分析し、操作性と安全性を高めるために車体バランスを毎秒200回の速度で調節する機能を持つ。

フロントライトとリアライトをそれぞれ搭載。外部環境の明るさに応じて自動調整する感応式LEDカラーライトを採用。フロントライトは補助光程度だが、リアライトは通常時には青、減速時には赤色で点灯する。左折または右折する際には、曲がる方向のランプが黄色で点灯し、方向指示器の役割を果たす。

サイズはW546×D262×H611~866mm。最高速度は時速約18km。傾斜15度の坂道を登れる。対応身長は120~200cmで、耐荷重は100kg。約4時間でフル充電され、約30kmの走行が可能だ。Bluetoothをサポートしており、スマートフォン向けの専用アプリからスピードと方向を操作可能だ。日本では公道での乗車不可となる。

人気記事

一覧

新着記事