Googleのアプリが「STAR WARS」デザインに - フォースのサイドを選択

 

Googleは23日、映画「スター・ウォーズ」とコラボレーションした特設サイトを公開した。アクセス後、フォースのサイドを選択することで、Googleが提供するアプリのデザインが変更される。

選んだフォースのサイドによってGoogleが提供するアプリやサービスのデザインが変わる

特設サイトは、12月に最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されることを記念したもので、アクセスすると同作にちなんだ「ライトサイド」か「ダークサイド」を選択でき、「Gmail」「YouTube」「Googleマップ」「Chrome」「Android Wear」「Googleカレンダー」「Chromecast」「Google翻訳」「Waze」といったGoogleが提供するアプリやサービスが選択したテーマのデザインに変更される。

Googleは、デザイン変更のほかにも「イースターエッグ」をいくつも忍ばせているとし、「内なるフォースを覚醒させ、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた“もの”たちをぜひ探してみてください」とユーザーに呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT