Googleのアプリが「STAR WARS」デザインに - フォースのサイドを選択

 

Googleは23日、映画「スター・ウォーズ」とコラボレーションした特設サイトを公開した。アクセス後、フォースのサイドを選択することで、Googleが提供するアプリのデザインが変更される。

選んだフォースのサイドによってGoogleが提供するアプリやサービスのデザインが変わる

特設サイトは、12月に最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されることを記念したもので、アクセスすると同作にちなんだ「ライトサイド」か「ダークサイド」を選択でき、「Gmail」「YouTube」「Googleマップ」「Chrome」「Android Wear」「Googleカレンダー」「Chromecast」「Google翻訳」「Waze」といったGoogleが提供するアプリやサービスが選択したテーマのデザインに変更される。

Googleは、デザイン変更のほかにも「イースターエッグ」をいくつも忍ばせているとし、「内なるフォースを覚醒させ、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた“もの”たちをぜひ探してみてください」とユーザーに呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Colt、Kosmosとグローバル証券ネットワークで戦略的パートナーシップに合意
[11:00 7/30] 企業IT
軍事とIT 第150回 装甲戦闘車両とIT(5)指揮車という名のAFV
[11:00 7/30] 企業IT
熱中症リスク評価システムを開発 幼児は屋外60分で熱中症リスク
[11:00 7/30] テクノロジー
堂本光一、写真嫌いになったきっかけ告白「都庁での撮影がトラウマに」
[10:38 7/30] エンタメ
バカリズム、KinKi Kidsに「ベテラン漫才師の佇まい」
[10:01 7/30] エンタメ