ローム、光度バラツキが従来比1/4の高光度チップLEDを開発

ロームは11月20日、産業機器、民生機器の表示パネルに最適な単ランク対応1608サイズの高光度チップLED「SML-D15シリーズ」を開発したと発表した。

「SML-D15シリーズ」は、光度バラツキの大幅な低減と、光度の安定化に成功。従来比1/4の光度バラツキとなる高精度を実現したことで単ランクでの供給を実現し、各アプリケーションの光度バラツキ解消と設計負荷軽減に貢献するとしている。また、LED発光素子の見直しと最適化により、従来品に比べて最大3倍の高光度化を実現。1608サイズ(1.6×0.8mm)としては業界トップクラスの高光度だという。さらに、車載部品の信頼性基準であるAEC-Q101にも対応している。

なお、同シリーズは9月よりサンプル出荷を開始しており、サンプル価格は100円/個(税抜)。生産拠点は、前工程がローム(京都)およびROHM-Wako Electronics(Malaysia) Sdn. Bhd.(マレーシア)、後工程がROHM Semiconductor (China) Co., Ltd.(中国)となっている。

「SML-D15」

従来品との光度バラツキ比較



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事