キヤノンMJ、建設業向けに空調気流・温度シミュレーションシステムを提供

 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月18日、空調気流・温度シミュレーションシステムを三機工業と共同で構築したことを発表した。

キヤノンMJグループは、MR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL(エムリアル)」と空調気流・温度のシミュレーションデータの連携により、気流や温度分布を体感できるソリューションを11月末より製造業や建設業を中心に提供するという。

「MREAL」は現実世界とCG をリアルタイムに違和感なく融合させることができるシステム。同システムを利用することで、設計段階から3D CADデータをもとに具体的なイメージを実寸大で体感することが可能だとしている。

今回共同で構築した空調気流・温度シミュレーションシステムは、「MREAL」に対応した数値シミュレーションソフトの専用ポストプロセッサ用プラグインを採用することで、これまで見えなかった気流や温度などをそのまま視覚化することができるという。

3D映像とシミュレーションデータをリアルタイムに合成することで気流や温度を直感的に体感でき、施工前に発注者と関係者との間でより正確なイメージが共有できるようになるとしている。

合成表示

また、同システムは可搬式なため、現地で確認することができるようになっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事