東急電鉄、武蔵小杉駅南口高架下に建設中の商業施設・駐輪場は11/25開業へ

 

東京急行電鉄はこのほど、東横線・目黒線武蔵小杉駅南口高架下に建設中の商業施設・駐輪場を11月25日に開業すると発表した。

武蔵小杉駅南口高架下商業施設外観イメージ

この施設は、再開発が進む武蔵小杉駅東側エリアと、すでに開発された西側エリアを結ぶ駅南口の高架下に位置。直輸入のベルギービールやワインが楽しめるビストロやエスニック料理店など、「大人が寄り道したくなる」をコンセプトとした路面型飲食店5店舗が入居する。「急成長を遂げる武蔵小杉の洗練された大人のスポットとして、高架下での新たな時間の過ごし方をお客さまに提案します」(東急電鉄)とのこと。

駐輪場は1階の一部と2階に設けられ、自転車345台(定期利用286台、時間貸し59台)、原付バイク73台を一度に収容できる。定期利用は月決めで、自転車3,240円、原付バイク5,400円。自転車の時間貸しは1時間無料で、以降6時間ごとに100円が加算される。定期利用は東急線駐輪場サイトから申し込める。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事