ソニー、電子ペーパーでデザインが変わる「FES Watch」を実店舗で販売

ソニーは11月下旬から、同社の新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)にて開発された腕時計「FES Watch」の店頭販売を開始する。クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたサイト「First Flight」での直販価格は税込29,700円。

FES Watch

FES Watchは、「デジタル化でファッションをもっと自由にもっと楽しく」をテーマとしたFashion Entertainments事業の第1号プロダクト。素材に電子ペーパーを使用し、時計を見る動作を行うと文字盤とベルトの柄が浮かび上がる。文字盤とベルトのデザインバリエーションは24通り。

クラウドファンディングやFirst Flightでの受注販売で入手できたが、このたび実店舗での販売が決定。11月21日に東京都港区のMoMAデザインストア、12月1日に新宿区の伊勢丹新宿店で取り扱いを開始し、販売店はその後も順次拡大していく。MoMAデザインストアでは店舗販売に先立ち、本日よりオンライン予約を受け付けている。

文字盤とベルトのデザイン例

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事