山里亮太"マニア"つながりで敵役に、『ニンニンジャーVSトッキュウジャー』

2016年1月23日に公開される特撮映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』の敵役として、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太の出演が決定した。

闇博士マーブロを演じる山里亮太(中)

本作は、2大「スーパー戦隊」が夢の競演を果たす「VS」シリーズの最新作で、現在放送中の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』と前作『烈車戦隊トッキュウジャー』の活躍が描かれる。「伝説の忍者たちと会える」という触れ込みの「夢の忍者ランド」に向かうニンニンジャーたち。しかし、彼らが乗ったのは、なんと妖怪烈車だった。妖怪ワニュウドウが見せる幻覚で、天晴たちはピンチに陥ってしまう。そんな彼らの前に、悪の路線・シャドーラインと戦いを繰り広げてきたトッキュウジャーたちが現れる。

山里が演じるのは、シャドーラインの残党で、伝説の忍者の「闇クローン」を作るべく、ニンニンジャーをおびき出すため一計を案じた闇博士マーブロ。劇中では伊賀崎天晴/アカニンジャーが闇のオーラに包まれ、そこからハイブリッド忍者「闇アカニンジャー」が誕生してしまう。

山里は、「僕でいいのかなっていうのが素直な気持ちですね」と戸惑いつつも、収録では「役作りも何もなく、普通に確認でセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』って言われて」と役柄に違和感はなかった模様。「僕が38年間歩んだ人生を表現してみたら、それがマッドサイエンティストだったということですね。初めて嫌われていることが報われました」と自虐気味のコメントを寄せた。

武部直美プロデューサーは起用理由について「マーブロは、忍者コレクターの博士という役どころで、無邪気さと狂気が表現できる方を探していました。笑いの中に毒があり、アイドルという"好きなもの"にこだわりがある点も忍者マニアという役どころに重なり、ぴったりだと思いました」と、その共通点を挙げた。またその演技についても「変身(怪人態)もするので、変身後に負けないキャラクター性、その存在感が必要で、その点で山里さんはずば抜けていて、これまでにない悪役となりました」と絶賛している。

特撮映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』は2016年1月23日公開。

(C)「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会
(C)テレビ朝日・東映AG・東映

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事