QNAP、AndroidとQTSのデュアルOSを搭載したNAS

 

テックウインドは11日、QNAP製の「Turbo NAS」シリーズとして、Android端末としてもNASとしても使用できる2モデルを発売した。内蔵HDDが2TB×1台の「TAS-168」と、2TB×2台の「TS-268」を用意。価格はオープンで、店頭予想価格は「TAS-168」が42,800円前後、「TS-268」が57,800円前後。

TAS-168

QNAP独自のNAS用OS「QTS」に加えて、Android OSも搭載したデュアルOS仕様のNAS。ストレージであるNASとしての一面と、保存したデータの再生などが可能なAndroid端末としての一面を持つ。ドライブ構成は2TB×1台。出荷時にシステムのセットアップは完了しているので、あとはHDMIケーブルでディスプレイやテレビと接続して、Androidの初期設定を行えばすぐに使える。

TAS-168

Android側からは「QFile」や「Qvideo」といったQNAPの独自アプリを使用して、NASのデータ領域にアクセス可能。映像と音声のハードウェアデコード機能を持ち、本体のHDMIポートからのH.265コンテンツ出力にも対応している。一般的なAndroid端末と同じように、Google Playからアプリのダウンロードも可能だ。

NASとしての機能は、これまでのQNAP NAS製品とほぼ同等。独自OS「QTS 4.2」を搭載し、プラットフォームを問わないファイル共有や、「myQNAPcloudサービス」によるリモートアクセス機能などが使える。そのほか、デバイス間でデータを同期する「Qsync」、クラウドサービスへのバックアップ機能などを搭載。

ストレージ領域はAndroid側と共有されているため、AndroidでダウンロードしたコンテンツをQTSで管理することもできる。転送速度は連続読み込みで約100MB/s。リモコンが付属し、Android OSのリモコン操作に対応する。

主な仕様は、CPUがARM(1.1GHz)、メモリがDDR3 2GB。インタフェースはGigabit Ethernet対応有線LAN×1、USB 3.0×1基、USB 2.0×4基、HDMI×1基。対応OSはWindows XP以降、Windows Server 2003以降、Mac OS X以降。

TAS-268

「TAS-268」は、2TB HDD×2基を内蔵するモデル。RAID 1に対応している以外、基本仕様や機能はTAS-168とほぼ共通。

TAS-268

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事