米Qualcomm、モバイル向けフラッグシップSoC「Snapdragon 820」を正式発表

 

米Qualcommは10日(現地時間)、モバイル向けの次期フラッグシップSoC「Snapdragon 820」を正式発表した。14nm FinFETプロセスで製造されるSoCで、カスタム設計となる64bitのKryo(クライヨ) CPUを搭載。また、プロセッサに「X12 LTE」モデムを統合している。

Snapdragon 820

下りで最大600Mbpsの通信速度となるLTE Category 12、上りで最大150MbpsとなるCategory 13をサポートする、「X12 LTE」モデムを統合したモバイル端末向けフラッグシップSoC。「X10」モデム搭載のSnapdragon 810と比べ、理論上の通信速度は上り最大3倍、下り最大33%高速化しているとする。

CPUにはカスタムKryo CPUを搭載。動作周波数は最大2.2GHzで4コア構成となる。グラフィックスには、OpenGL ES 3.1+をサポートするAdreno 530 GPUを搭載。Snapdragon 810と比べCPU性能が約2倍に、Adreno 430と比べGPU性能が約40%向上した。

カメラは、最大28Mピクセルをサポート。ビデオは4Kの録画・再生が可能で、H.264(AVC)/H.265(HEVC)に対応する。DSPにはHexagon 680を採用し、通信や映像処理などを低消費電力で実行する。

このほか、Wi-FiはIEEE802.11adおよび11ac、Bluetoothは4.1、ストレージはUFS 2.0/eMMC 5.1/SD 3.0をサポート。IEEE802.11adは最大約7Gbpsの通信(理論値)が可能な無線LAN規格で、MU-MIMOを使わない場合のIEEE802.11acと比べ、約2~3倍高速になる。

メモリはデュアルチャネルのLPDDR4 1866MHzに対応。また、NFCやQualcommの急速充電技術Qualcomm Quick Charge 3.0などもサポートする。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電