JR東日本・JR西日本、訪日外国人向けフリーパス「北陸アーチパス」を発売へ

 

JR東日本とJR西日本は、東京・大阪から北陸エリアを巡るのに便利な訪日外国人旅行者向けフリーパス「東京・大阪『北陸アーチパス』」「大阪・東京『北陸アーチパス』」を新設すると発表した。2016年4月1日から両社で通年販売する。

JR東日本版「東京・大阪『北陸アーチパス』」・JR西日本版「大阪・東京『北陸アーチパス』」利用可能エリア

このフリーパスは、関西空港~関西エリア~北陸エリア~東京都区内~成田・羽田空港の特急(新幹線含む)・急行列車・普通列車の普通車指定席(一部除く)が連続する7日間乗降り自由に。特急「成田エクスプレス」や北陸新幹線(東京~金沢間)、特急「サンダーバード」(金沢~大阪間)、特急「はるか」(新大阪・京都~関西空港間、自由席)なども含まれる。エリア内のJR線の他に、IRいしかわ鉄道(金沢~津幡間を通過利用する場合に限る)、あいの風とやま鉄道(高岡~富山間を通過利用する場合に限る)、のと鉄道でも利用できる。

日本国以外のパスポートを所持している外国籍保有者で、日本に短期滞在(90日以内)する人を対象に発売。「ジャパン・レール・パス」などの訪日外国人旅行者向け商品を発売している海外の旅行会社・旅行代理店などで引換証を販売し、日本に入国してからパスに引き換えて使用する。事前に引換証を購入していない場合も、日本国内で購入できる。引換・購入時にはパスポートの提示が必要。海外での販売価格は大人2万4,000円・小児1万2,000円。日本国内での購入は大人2万5,000円・小児1万2,500円となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事