AF速度向上など「ライカT」最新ファームウェア - 新レンズ2本も発表

ライカカメラは10月30日、ミラーレスタイプのレンズ交換式カメラ「ライカT」の最新ファームウェア(Ver.1.410)を提供開始した。主な変更点は、AF速度の向上や起動時間の短縮、タッチパネルの操作性改善など。今回のファームアップによって、ライカTでもライカSLレンズを使えるようになる。

ライカT

最新ファームウェアでの主な改善点は、AF速度や起動時間、タッチパネルの操作性など。AF速度は従来比で約2倍速くなり、タッチパネルの操作性は、再生モード時の反応が約3倍向上するとしている。

最新ファームウェアにアップデートすることで、ライカTカメラシステムと同じく「ライカL バヨネットマウント」を採用したライカSLレンズも使用できるようになる。ライカSLレンズは、10月21日発表の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載するミラーレスカメラ「ライカSL (Typ 601)」向け交換レンズ。ライカSLレンズとライカL バヨネットマウントを共通して採用していることもあり、今後発売するライカTカメラシステムのレンズは「ライカTLレンズ」という名称へ変更される。

ライカT用の新レンズ

ライカT向けの新レンズとして、「ライカ ズミルックス TL f1.4/35mm ASPH.」と「ライカ アポ・マクロ・エルマリート TL f2.8/60mm ASPH.」を2016年に発売すると発表。「ライカ ズミクロン T f2/23mm ASPH.」と同様の描写力を持つという。カラーはブラックとシルバー。

写真はいずれも「ライカ ズミルックス TL f1.4/35mm ASPH.」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事