劇団ひとりが映画『クレヨンしんちゃん』脚本参加、シリーズ最高の感動作に

 

2016年4月16日に公開される劇場アニメ『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』の脚本を、お笑いタレントの劇団ひとりが高橋渉監督と共に担当することが明らかになった。

野原しんのすけ(左)と劇団ひとり

本作は、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ24作目となる最新作。今年公開された前作『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は興行収入22.8億円を突破し、第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』(1993年)のもつシリーズ最高記録を22年ぶりに上回るなど、衰えない人気ぶりを証明している。

小説『陰日向に咲く』『青天の霹靂』など作家活動のほか、2014年には自著を映画化した『青天の霹靂』で監督デビューを果たすなどマルチに活躍している劇団ひとり。今回の脚本参加について「国民的アニメであり、ファンも多い作品ですから、プレッシャーも大きかった」と語り、「その世界観を壊さないように、かといって今までと同じにならないよう、スタッフの方々と何度も打ち合わせを繰り返し、7、8ヵ月ほどかけて推敲を重ねました」と創作を振り返る。

また、アニメというジャンルでの表現となることについて劇団ひとりは、「普段はテレビで仕事をしており、常に"予算を気にする脳みそ"になっていたので、画を好きに動かすことのできるアニメの自由な発想に切り替えるのは苦労しました」とギャップに悩む場面も。一方で、「僕自身、5歳の娘がおり、娘と一緒に映画を見ることも少なくないのですが、片方が楽しんでいるときは、片方は退屈なんてことがよくあったので、僕も娘も同じように劇場で楽しめる作品にできたらいいなと思って書きました」と、家族への思いも込めた。

『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』は、"夢の世界"を舞台に、しんのすけたち「カスカベ防衛隊」が大冒険を繰り広げる。仲間を必死に助けようとするしんのすけの姿などが描かれ、シリーズ最高の感動物語に仕上がっているという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
なかはら・ももた「買われた星」地方の和菓子職人と東京から来た社長のBL
[22:55 6/29] ホビー

本音ランキング