AKB48の高橋みなみ、卒業日は未決定 最後は「メンバーと一緒に楽しみたい」

アイドルグループ・AKB48の高橋みなみと加藤玲奈が29日、東京・台場のアクアシティお台場で行われた「AQUA XMAS 2015~キセキに逢おう。~」ウインターイルミネーション点灯式に出席した。

「AQUA XMAS 2015~キセキに逢おう。~」ウインターイルミネーション点灯式に出席したAKB48の加藤玲奈(左)と高橋みなみ

アクアシティお台場の冬の風物詩とも言える同イルミネーションは、10月29日から12月25日の期間中、1時間に1回、音楽に合わせて光のショーが繰り広げらるというもの。その点灯式に「とっておきクリスマス」の衣装でもある赤い衣装の高橋みなみと加藤玲奈が登場し、イルミネーションの点灯ボタンを押して一足早くクリスマスの雰囲気を楽しんだ。

高橋は「見ていてすごくキレイでしたね。少し早めのクリスマスを皆さんと味わえて楽しかったです」と笑顔で語、加藤は「まだハロウィンですものね」とまだ早いと言わんばかりだったが、気を取り直して「もっと色んなイルミネーションをいっぱい楽しみたいと思います」とコメント。クリスマスといえばカップルのイベントでもあるが、今年いっぱいでAKB48を卒業する高橋みなみに報道陣が「来年はどんな男性とクリスマスを過ごしたい?」と質問をぶつけると「秋元先生から『卒業した次の日から男性と付き合え』と言われました。変な男には引っ掛かりたくないし貢ぎたくないです(笑)」と苦笑いを浮かべながら「西川貴教さん? 皆さんから言われますが、西川さんどうなんですかね(笑)。お互い孤独死しそうになったらよろしくお願いします!」と上手く受け流していた。

高橋は、グループ卒業を間近に控えており、「皆さんにご迷惑をお掛けしているところがありまして、12月が目処と言ってましたが、最後の日が決まっていませんのでどこにぶつけてよいのか(笑)。(最後は)メンバーと一緒に楽しみたいです」と卒業日は決まってないという。また、センターを務めることになった最後の参加曲でもある42枚目のシングル(タイトル未定)は、PVが収録済みであることを明かした。「単独センターだと緊張しましたが、歴代のセンターを見てきたので最後は楽しんで撮らせてもらいました」と振り返り、「10年アイドルをして24歳になっちゃいました(笑)。年齡もいい感じになってきましたが、卒業前に(センターを)やらせてもらえるのは光栄ですね」と満足げだった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事