NTTコム、利用回線帯域の変更が可能な企業向けネットワークサービス提供開始

 

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月29日、企業向けのネットワークサービス「Arcstar Universal One」においてSDN(Software-Defined Networking)技術を活用し、利用中の回線の帯域を変更できる「Arcstar Universal One ギャランティアクセス フレキシブルイーサオプション」を、2015年10月30日から提供開始すると発表した。

センター向け回線の帯域変更

同サービスはビジネスポータルからオンデマンドで回線帯域の変更を実現。トラフィック状況に応じ、設定帯域を100Mbps~1Gbpsまでの範囲で100Mbps単位での帯域変更を可能としている。また、設定帯域に応じた日割り課金での利用ができるほか、従来のサービスにおける帯域変更では20営業日程度を要していたが、同サービスを利用した場合は約10分で変更が可能だ。

さらに、インタフェースは1000BASE-SX/LX/T(IEEE802.3z/IEEE802.ab)、レイヤー2対応は2016年を予定している。提供エリアは日本全国で、価格は税込で初期費用3万2400円、変更費用(速度変更)は無料、月額費用は利用帯域に応じた定額料金と増速した帯域に応じた日額料金の合算となる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン