東京モーターショー2015 - ヤマハ四輪車「SPORTS RIDE CONCEPT」世界初公開

木下健児  [2015/10/29]

ヤマハ発動機は30日から一般公開される「第44回東京モーターショー2015」のブース概要を発表した。四輪車のデザインコンセプトモデル「SPORTS RIDE CONCEPT」やLMWのコンセプトモデル「MWT-9」など、ワールドプレミア6モデル、ジャパンプレミア1モデルを含むコンセプトモデルと市販車、計20モデルを出展する。

ヤマハは東京モーターショーにて、四輪車のデザインコンセプトモデル「SPORTS RIDE CONCEPT」がワールドプレミア

ヤマハブースでは、電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、ROV、四輪車に加え、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合したヒト型自律ライディングロボットの技術展示も行うなど、独自の開発思想「人機官能」によって貫かれた「ひろがるモビリティの世界」を提案。 独創的なブースデザインは、ヤマハ製品が互いに共鳴し合い、またモビリティと楽器が結び合いながらひとつの楽曲として収斂するオーケストラホールをイメージしている。

ワールドプレミアとなる「SPORTS RIDE CONCEPT」は、大人が日常的に楽しめる正統派のスポーツカープロポーションに、多様なモビリティを展開するヤマハらしい発想による「LIVE&RIDE感」を盛り込んだデザインコンセプトモデル。前回開催時に出展した「MOTIV」と同様、F1に源流を持つ軽量&高剛性な車両構造「iStreamコンセプト」を採用し、ドライバーとマシンの関係を二輪車に近い世界観で表現した。高品位なディテールにこだわり、エレメンタリズムの発想からデザインしたスポーツカーの提案となっている。

「SPORTS RIDE CONCEPT」

「SPORTS RIDE CONCEPT」外観・内装イメージ

「MWT-9」は、スポーツライディングの世界に新たなカテゴリーを提案するLMW(リーニング・マルチ・ホイール。フロント二輪が旋回時に車体と同調して傾斜する機構)のコンセプトモデル。「コーナリング・マスター」をコンセプトに、ダイナミックでシームレスなボディに3気筒850ccエンジンを搭載。フロント2輪がもたらす圧倒的なコーナリング性能と、バンク角を最大化する外出しサスペンションレイアウトにより、さまざまに変化する路面やタイトなコーナーが続くワインディングロードを自在に駆けめぐる高いスポーツ性を追求した。

その他、オーセンティックスポーツのコンセプトモデル「Resonator125」、EV二輪のコンセプトモデル「PES2」「PED2」、電動アシストマウンテンバイクのコンセプトモデル「YPJ-MTB CONCEPT」が世界初公開される。

ヤマハのおもな東京モーターショー出展モデル

「MWT-9」

「Resonator125」

「PES2」

「PED2」

「NMAX125」

「MT-09 TRACER ABS」

「MT-07 ABS」

「MT-03」

「YZF-R1M」

「YZF-R3 ABS」

「YZR-M1」

「VMAX」

「TMAX530 ABS」

「SR400」

「TRICITY 125」

「YXZ1000R」

「MOTOBOT Ver.1」

「YPJ-MTB CONCEPT」

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中高年女性が住みたい街、「吉祥寺」は3位に - 1位はあの街
[11:00 5/29] ライフスタイル
田中みな実、西川史子代役で『サンジャポ』出演「緊張してます」
[10:49 5/29] エンタメ
[宮藤官九郎]ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
[10:00 5/29] エンタメ
映画版『パワーレンジャー』、最大7作品製作か?
[10:00 5/29] エンタメ
ベテラン俳優・冨家規政、山梨北杜市で移住生活を始める…
[09:00 5/29] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR