新作『マクロスΔ』は『F』の8年後が舞台、新歌姫は少女5人組グループに

 

左から、新歌姫を演じる鈴木みのり、河森正治総監督

人気ロボットアニメ『マクロス』の新TVシリーズ『マクロスΔ(デルタ)』の制作発表会が29日、東京・秋葉原UDXギャラリーで開催され、河森正治総監督らが登壇した。

イベントには河森総監督をはじめ、安田賢司監督、シリーズ構成・脚本の根元歳三氏、マクロスビジュアルアーティストの天神英貴氏、平井伸一プロデューサーが参加。さらに、新歌姫"フレイア・ヴィオン"役として、オーディションで約8,000人の中から選ばれた新人の鈴木みのりが登場した。

河森氏によると、『マクロスΔ』は、前作『マクロスF』から8年後の世界で、銀河辺境の星々を舞台に描かれるという。これまでの『マクロス』シリーズに登場した移民船団ではなく、ある辺境の惑星のストーリーであることもポイント。狂暴化し破壊の限りを尽くす"ヴァール"シンドロームの拡大に危機感を覚えた星間複合企業体は、その症状を鎮静化するため、少女たちによる"戦術音楽ユニット「ワルキューレ」" と、共同作戦を遂行する"バルキリー部隊"を結成。一方、"風の王国"の「空中騎士団」と呼ばれる"謎のバルキリー部隊"が動き始める。"プロトカルチャーの遺産"の謎が絡み合う中、星系を超える熱き恋と友情の物語が展開される。"辺境の惑星"が舞台ということで、『マクロスF』の劇中で発見された惑星との関係が気になるところだが、安田監督は「そこはお楽しみにしていただければ……」との表現にとどめた。

会見では、物語に登場する「ワルキューレ」と「空中騎士団」が描かれた対照的なビジュアルを公開。河森氏は、「今作では、この5人全員がユニットとして活動する新しいタイプの歌姫です。今までにない音楽シーンをお見せできればと考えています」と説明している。

また、安田監督によると「ワルキューレ」のメンバーたちは可変戦闘機(VF)には搭乗せず、VFと共同で音楽を通じて作戦に参加するという。「空中騎士団」の面々と「ワルキューレ」が織りなすドラマについて安田監督は、「文化によって、いろいろな考え方や生き方があるのだということを、キャラクターを通して丁寧に描いていきたい」とコメントした。シリーズでは、登場人物たちによる三角関係も毎回注目される見どころで、根元氏は「まだ発表されていない重要キャラクターがいるため、三角関係もどこに発生するのかを楽しみにしてほしい」と答えている。

作品の概要説明後、本作の新歌姫であるフレイア・ヴィオンを演じる愛知県出身の18歳、鈴木みのりが登場。『マクロス』のファンであったという鈴木は、声優・歌手としての活動はこれが初めてとなる。鈴木は「最終審査の時に台本をもらった時からフレイアに運命を感じていました。結果を聞いて担当できることになり、夢がかなってすごく幸せです」と喜びを語った。

起用理由について河森氏は、「前向きでアクティブでフレイアという役にぴったり。そして、演技と歌の両方の実力を兼ね備えていたこと。また、いろんなオーダーを出した時の反応がすごくよかったことが決め手になりました」と振り返る。鈴木はまだアフレコには入っていないものの、テスト演技やレコーディングの練習を行っているという。会場では、アニメ映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(1984年)の主題歌「愛・おぼえていますか」を鈴木がテスト歌唱する姿が映しだされた。鈴木は「フレイアに負けないよう、元気に笑顔で楽しくがんばりたい」と意気込みを述べている。

後半には、『マクロスΔ』に登場する新しいVF「VF-31ジークフリード」と「Sv-262ドラケン3」もお披露目。青と白の爽やかなデザインの「ジークフリード」は、「ワルキューレ」と共同作戦を遂行するバルキリー部隊が運用する最新鋭の機体で、一方、格調高い雰囲気の「ドラケン」は、「空中騎士団」が駆るバルキリーとして登場するという。

河森氏によると、「ジークフリード」はPlayStation3向けゲーム『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』に登場した試作機「YF-30」の発展型。「YF-30」を踏襲しつつもさまざまな変更が加えられており、特に腕の後ろにトンファーのように装備されているミニガンポッドなどは今までの機体にはない仕様になっている。ネーミングについて河森氏は「機体の数が膨大になっているので悩みました。『ワルキューレ』に対応するというところで『ジークフリード』に落ち着きました」と経緯を説明した。

また、「ドラケン」はダブルデルタ翼で垂直尾翼が一つという『マクロス』シリーズでは初めてとなる形状に。天神氏によると、コクピットが透明ではないところがポイントとなっており、家の紋章が入る予定になっているという。変形についてはまだその姿は明かされていない。2機体とも大きな違いがあり、河森氏は「結果的に、星の文化の違いを表現できました」と自信をもつ。

最後には、『マクロスΔ』の最新動画が初公開。河森氏は「動いている姿がついにお披露目になりました。しかし、歌姫たちが歌って活躍するシーンはまだ明かされていません。これから少しずつオープンになっていくので、ぜひ楽しみにしていてください」と呼びかけた。

アニメ『マクロスΔ』の放送開始時期などについては未定であるものの、年末TV特番として「先取りスペシャル」をTOKYO MXとBS11で12月31日18時から放送。さらに、12月29日の18時には劇場アニメ『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』、30日には『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』がTOKYO MXで放送される。

(C)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT

本音ランキング