人気の「リメ缶」でオシャレに多肉植物を飾ろう!

 

ガーデニング好きの間ではすっかり定着しているリメ缶 (リメイク缶)。もともとは海外でオシャレに生活する人たちの間で流行っていたのですが、今やすっかりカフェや雑貨屋さんでも見かけるようになりました。そんなリメ缶に多肉植物を植えてお家で雑貨屋さん気分を味わってみませんか。

リメ缶に多肉植物を植えてみましょう

リメ缶は、フリーマーケットや手作り市、雑貨屋さんなどでも売られています。また手作り系のネットのサイトや、手作り品専門のフリマアプリなんかでもたくさん出品されていますよ。ぜひ、リメ缶を手に入れて多肉植物を植えてみてください。リメ缶自体にインパクトがあるので、単体植物を植えても、とっても映えます!

アロエやサンセベリアなど、カッコイイ雰囲気の植物は単体植えがオススメ。

好きな植物を植えたら、根元に (100円ショップでも入手できる) ココファイバーやクルミの殻、バークチップなどを入れて土を隠すといいと思います。そうするとオシャレなだけじゃなく、土の湿度などの安定にもつながります。

リメ缶は植物だけでなく、キッチンでコーヒーフィルターや紙ナプキンを入れて飾ったりしても可愛いですし、ペン立てに使ったりしてもいいですね!

また、エアプランツやドライフラワーもよく似合います!

多肉植物を植えて、いくつか並べてみてもとってもオシャレです!

いかがでしたか?

リメ缶は自分でも作れますが、まずはアレンジを楽しんでみて、次のステップとしてリメ缶づくりにチャレンジしてもいいかもしれませんね! ぜひリメ缶を楽しんでください!

教えてくれたのは……

VERT 365 Mai Life Designのmyさん

GreenSnapの人気ユーザー。三児の母。時間を見つけては趣味の植物や雑貨作りをし、カフェに委託販売なども行っている。「VERT」(ヴェール) とはフランス語で「緑」を意味し、植物を生活に取り入れながら、人の生活をよりよくデザインしたいという想いで活動中。エイジング加工を得意とし、シャビーに仕上げた家具などもオーダー製作をしている。

執筆:Honu
フリーランスのライターです。サッカーをする息子を応援しながら音楽と踊りをこよなく愛し趣味に生きる母。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。
関連キーワード

人気記事

一覧

2016年8月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事

「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー