IBM、主力BI製品「Cognos Analytics」を再設計

 

米IBMは10月26日(現地時間)、Watson Analyticsと同様に、主力のビジネス・インテリジェンス・ソリューション「Cognos Analytics」のユーザー・エクスペリエンス(顧客体験)を再設計したと発表した。

Cognos Analyticsの再設計に伴い、ビジネス・ユーザーとIT担当者の両者が、場所とデバイスを選ばずに、レポートを作成・配信することが可能になった。

今回、「目的指向のモデリング環境」「コンテキストに沿って機能するスマート検索」「1つの環境であらゆる種類のビジネス・レポートを作成する機能」が追加された。

具体的には、目的指向のモデリング機能により、経験の浅いユーザーでも、必要とするデータを簡単に収集することができる。例えば、「収益」「製品」「部門」といった単語を入力するだけで、Cognos Analyticsはユーザーの目的を解釈し、データ・ソースでそのような属性を検索して、使用するモデルを提示する。

スマート検索では、オーサリング・モードで「チャート」と入力すると、チャートを追加するための適切なメニューを提示するほか、そのデータに最も適した視覚化をユーザーに推奨する。

加えて、本番管理レポート から、セルフサービスで作成したレポートやダッシュボードまで、あらゆる分野のレポートに1つのソリューションで対応可能になった。

Watson Analyticsは、セルフサービス設計という共通原則に基づき、エンタープライズBIに不可欠な、信頼性と拡張性に優れたソースとして新たなCognos Analyticsと連携し、ユーザーによる俊敏で主体的な検索、分析予測、魅力的な視覚化を実現するという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (5) HTML5のコメント記述法
[10:00 8/27] 企業IT
お金の使い方は上手ですか? -「安物買いの銭失い」「ときどき爆買い」
[10:00 8/27] マネー
MF文庫J、8月新刊は9タイトル! 『ノゲラ』『アリア』などの最新巻が登場
[10:00 8/27] ホビー
『マジきゅんっ!ルネッサンス』追加キャスト発表! 主人公役は千本木彩花
[10:00 8/27] ホビー
バージョンアップで人間にまた近づいた? - 進化を続ける「ロボホン」が生活を変える!
[09:00 8/27] スマホとデジタル家電